2022年02月09日

ピンクシャツデーが近づいてきました

あっという間に2月も中旬になりましたね。

2016年2月から取り組みを始めたピンクシャツデーも今年で7年目を迎えますぴかぴか(新しい)

ピンクシャツデーとは
2007年カナダでピンクのシャツを着て登校した少年がいじめられました。それを見た2人の学生が50枚のピンクシャツを友人・知人に配り、賛同した多くの生徒がピンクのシャツを着て登校し、いじめが自然となくなっていきました。
このエピソードが世界中に広まり、出来事があった2月の第4水曜日にいじめについて考え、いじめられている人々と連帯する思いを表す一日としています。

DSCF4200.JPG
↑こちらは全国YMCAのピンクシャツデーのポスターです。
「同じピンクでも、これだけの違いがある。」「誰もが安心して暮らせる多様性のある社会」を表現したデザインになっています。

西中田保育園では、いじめという言葉を使わず、「思いやり」「やさしくする」「言われて嬉しい言葉」「友だちにしてもらって嬉しかったこと」など、前向きな言葉でこの活動を考えていきます!
相手を大切に思い、相手の立場に寄り添える気持ちを育むことがいじめのない社会につながっていくと信じています。

先日、子どもたちにピンクシャツデーの話をしたところ、さっそく翌日にピンクの洋服で登園してくれるお子さんもいました
DSCF4130.JPG

DSCN9774.JPG


職員もピンクシャツでにっこりかわいい


DSCN9781.JPG


子どもたちが折り紙で輪つなぎやTシャツ型の折り紙を作ってくれましたるんるん
DSCF4197.JPG

今年のピンクシャツデーは2月23日(水)ですが、祝日のため、保育園では2月22日(火)に行いますexclamation
当日に向けて、子どもたちと一緒に「相手の気持ちに気づく・寄り添う」ことの大切さや、「ありがとう」を言われる嬉しさを感じながら過ごしていきたいです揺れるハート


YMCA公式のピンクシャツデーのQRコードです。全国YMCAの様々な活動について紹介しておりますので、お時間があるときにぜひご覧くださいexclamation
QR_996736.png



むぎねずみ
posted by 笑顔あふれる保育士さん at 18:11| Comment(1) | 日記