2021年01月29日

透明鍋で米炊き活動をしました

2月27日、ひかり組(5歳児クラス)で、透明鍋を使用してご飯を炊きましたぴかぴか(新しい)

これまで、ひかり組の当番活動で週に1度、米研ぎをしていていました。
回を重ねるごとに、どんどん上手になっていくひかり組の子どもたち。

今回は、透明鍋でご飯炊きに挑戦でするんるん



まずは、2合の米を研いで、水に漬けたお米を、鍋に入れます。

米を鍋に入れるところ.JPG


洗う前のお米と、水に漬けたお米、なんか色が違う!白くなった!と気付いた子もいました。

水に漬けた米.JPG

炊飯器だと、目盛りに沿って水を入れればOKですが、鍋には目盛りがありません。
目盛りがない時はどうするの?と不思議そうにしている子どもたち。
栄養士がきちんと軽量して、水を入れましたぴかぴか(新しい)

早速、鍋を加熱します。

あったかいね〜黒ハートと手を温めながらしばらく待ちます。

Inked鍋の中が変化してきた 訂正版.jpg

火を付けて、5分くらい待つと、鍋の中に変化が!
鍋の中の様子が良く見えるので大人も子どももワクワクしながら、
ぶくぶく、ぐつぐつと音がして、米粒の間には空気の通り道が出来てきました。
子どもは、アリの巣みたい!と大喜びです。

鍋から泡があふれそう.JPG

泡がどんどん膨らんできて、キラキラした泡が大きくなったり小さくなったり…。
ずっと見ていても飽きないね〜と楽しみながら待つことができました。

すると、子どもたちが、
水が少なくなってきた!焦げる匂いもする!そろそろ火を弱めたほうがいいよ!と気付いて栄養士に教えてくれました。(さすが、頼れるひかり組さん!しっかりしてます目
だんだんと香ばしい香りがしてきたので、鍋底を確認中。
exclamation×2


Inked焦げができてきたかも 訂正版.jpg

火をとめて10分蒸らしたら、完成!
ごはんの甘味がしっかりと感じられるとっても美味しいごはんが完成しました。

完成.JPG

炊飯器がなくても、おいしいご飯が炊けることに驚いていた子どもたち。
次回は、違う種類のお米を炊いてみたいね(^^)と盛り上がったひかり組さんでした。

栄養士うま
posted by 笑顔あふれる保育士さん at 15:34| Comment(1) | 日記