2020年08月12日

ひかりぐみ 『野菜の収穫』

5月のある日・・・
トウモロコシ、スイカ、オクラの苗を植えました晴れ

※植えるものは、子どもたちが話し合って決めました

毎日、水やりをしたり、肥料をまいたりとお世話をしましたわーい(嬉しい顔)
「花が咲いてきたよexclamation
「スイカの赤ちゃんができた揺れるハート
と観察する中で、数々の発見をしてきました。

ひかりぐみの子どもたちのように
大きく大きく育った野菜たち…
8月7日、ついに収穫となりました!!!


初めは、トウモロコシとオクラ。

@とうもろこし収穫 いおり.JPG
↑「トウモロコシ、取れないよー!」と苦戦。
 友だちと協力して引っ張っていました。

Aとうもろこし収穫 ねね けい.JPG

Bとうもろこし収穫 げん たける.JPG


大きく育ったトウモロコシに大興奮。

収穫したら、早速トウモロコシの皮むき。
Cとうもろこし皮むき.JPG

Dとうもろこし 収穫 ゆうと はな.JPG

E収穫したもの.JPG

↑大きい物から、粒が少しの物も。
 「あー!トウモロコシ食べられてる!」
 「僕は、食べてないよがく〜(落胆した顔)
 「きっと鳥が食べたんだよ〜」なんて会話も…。


続いては、スイカの収穫。
たった一つだけ大きく育ち、割れないように大事に大事に見守ってきました。
(このスイカもプレッシャーだったことでしょう…)

ついにハサミで切る時は、皆真剣なまなざしでした。

Fすいか…取ります!.JPG

収穫したスイカを皆で持ってみることに。

Gすいか持つ たける.JPG

↑「えーーーー!!こんなに重いのーーー!!」

Hすいか持つ おとめ.JPG

↑「赤ちゃんみたい」と育てたスイカに愛着がわいていた様子。



そして、収穫したものを昼食の時間に食べてみることに!

栄養士がとっておきの『透明鍋』で調理してくれました。


皆で『透明鍋』の様子を観察。

J鍋 けいすけ、りんか.png

↑「熱いのかなあ?」

K鍋 なつみ おとめ.JPG

↑「ぐつぐついってる〜!」「トウモロコシが踊ってるみたい!」


次は、スイカ入刀!! 緊張の瞬間…
ぱかっと割れると、中身はきれいに真っ赤でした〜!!

Lすいか割る.JPG



↑待ちきれずテーブルの周りに集まりだす子どもたち。


「恵みに感謝します。アーメン。」と皆でお祈りして、
「いっただっきま〜す!!!」

Nゆうと とうもろこし食べる.png

Oこはる とうもろこし食べる.JPG

「おいしい〜」
「あまーい」
「おかわりー!」

と自分たちで育てた野菜に大絶賛。

「もう一回育てようよグッド(上向き矢印)
「お店出せるんじゃないexclamation&question
「お母さんたちにも食べさせたいよーハートたち(複数ハート)

と話す子どもたちでしたぴかぴか(新しい)


次は、何を育てよっかな〜?とわくわくしている子どもたちと担任です。


※野菜に詳しい乳児部の保護者の方が、毎朝のように野菜を見て、
アドバイスをしてくださったおかげで、立派な野菜を育てられました。
本当にありがとうございましたexclamation×2


ひかりぐみ担任 デコポン
posted by 笑顔あふれる保育士さん at 10:36| Comment(0) | 日記